2005年11月21日

検診

定期診察行ってきました。

今日はいつもの電気針と診察あーんど開口訓練。

開口訓練……

今、私の口は自力では指2本分くらいしか開きません。
これを元通り開けられるようにする為のいわばリハビリ。
何をするのかと思ったら、木製の大きな洗濯ばさみ(クリップ?)のようなものを口に入れ、ぐぐっと握って、てこの原理で口を開けられるようにしていくと。
左右開けたり、閉じたりくりかえすと。
これを毎回30分、朝、昼、夜、寝る前とできるかぎりやらねばなりません。
でも不思議や不思議。やった後はいつもより開いているのですよ。口が。(当たり前ですが)
説明書には『いまちゃんとやらなければ、ずーっと口があかなくなります』との怖い言葉。
確かにその通りなので、とりあえず出来る限りちゃんとやってみることにします。

今日は診察の途中で先生に、これから手術する方に話を、と言われある女性とお会いしました。
同じように上下顎の手術をするそうで、少しだけお話したのですが、突然のことに心の準備
もなくとても参考になるようなことを言ってあげられなかったのが心残りでした。
私ごときの話ではとても参考になるとも思えませんが、もう少し安心させられるような、励ませるような話が出来ていればなぁと反省モード。
こういうときに気の利かなさや冷たさがでちゃうんでしょうね、きっと。

もしも、もしも運よくこのページを見ることがあったなら、

手術自体は先生にまかせて安心してうけてください。
とりあえず自分の体調を万全にして望んでくださいね。


そして

がんばれ〜!


それだけです。
これから出来たら、歯科矯正体験記でもまとめられればいいなぁ、なんて思ったり。
意外といらっしゃる同じような手術を受けたいと思っている方の考える一助になれたらいいなぁ、と。

posted by いいしの at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9679740

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。